blog

地域の野菜

 

北海道からトマトが届いた。

ひとつひとつが主張していて、生が与えられているのが一目でわかる。新鮮な証だ。

夏から秋にかけて食材の色彩も落ち着いてくるこの頃だったが、

気候の違いや地形の違いで、地域で採れる野菜もそれぞれ違う。

こうやって北海道の野菜の便りを聞いたり、関東の秋野菜とミックスして料理を楽しむ。

四季のうつろいをそうやって感じるのも、なんだか良いものだ。


先日、坂口恭平さんの「cook」という本を選んだ。

この本は、うつ病である坂口さんが、治療の一環として料理を始め、その記録としてiPhoneの写真と手書きの文章で綴っていくというような主旨だ。

その中で印象的だったのが、気持ちが沈んでいると、料理も自然と色がなくなっていくということ。

気持ちが落ち込んでいるからこそ、まずは食事から色彩を明るくしてみるという試みをされていた。

自分が料理をしなくとも、家族が作ってくれる料理に色が少なかったら、元気がないのかなとか感じてあげられるかもしれない。


A tomato arrived from Hokkaido. Each one seems to insist on being alive. A fresh proof. It was around this time that the colors of ingredients settled down from summer to autumn, but the vegetables that can be picked up in each region are different due to differences in the climate and topography. In this way, you can listen to Hokkaido vegetables and mix with Kanto's autumn vegetables. It's also a good thing to feel the relaxation of the four seasons. The other day, I chose a book called “cook” by Kohei Sakaguchi. This book is like depression, Mr. Sakaguchi, started cooking as part of the treatment, and spelled it out with iPhone photos and handwritten text as a record.中 で I was impressed by the fact that when feelings are sinking, the food will naturally lose its color. Because my feelings were depressed, I was first trying to rejuvenate colors from meals.



 
日常KODAMA YOSHIYUKI