blog

無印良品 壁掛式Bluetoothスピーカー

深澤直人がデザインしたことで知られる無印良品の壁掛式Bluetoothスピーカー。

2000年に壁掛け式CDプレーヤーが発売されてから、深澤直人の傑作として今も販売され続けている。

いわゆる電子機器のコードは邪魔もの扱いされる。

それを隠す商品だってあるし、配線を見せない工事をすることだってあるほどである。

ただ、深澤直人は発想の転換によって、このコードを商品の機能にした。

この壁掛け式のスピーカーは、壁に掛けたことによって垂れさがるコードを引っ張って電源をON/OFFする。

これは実際に使ってみると、かなり便利で、自然な日常の動作に組み込むことができる。

「リモコンを取って、目で電源ボタンを確認して、押す」という一連の行為よりも、

「垂れ下がるコードを引っ張る」ほうが明らかに行為としてはスマートで単純だ。

先日Appleを退社した、ジョナサン・アイヴは、好きなデザイナーの1人に深澤直人を挙げた。

また、深澤直人の印象的な製品にこの壁掛け式CDプレーヤーを挙げた。

それだけ完成度が高く、画期的な商品だということがわかる。

AppleはAIrPods をコードレス化することで画期的な商品を生み出した。

無印良品はその逆を行なっている。私は両社が個人的に好きだが、その対照的なアプローチの仕方に驚く。



MUJI wall-mounted Bluetooth speaker, known for its design by Naoto Fukasawa.

Since the wall-mounted CD player was released in 2000, it continues to be sold as a masterpiece by Naoto Fukasawa.

So-called electronic device codes are handled as obstacles.

There are products that hide it, and there is even work that does not show the wiring.

However, Naoto Fukasawa made this code a product function by changing his mind.

This wall-mounted speaker turns the power on and off by pulling the cord that hangs when hung on the wall.

This is quite useful when actually used, and can be incorporated into natural daily operations.

Rather than a series of actions such as “take a remote control, visually check and press the power button”

“Pulling the hanging cord” is clearly smarter and simpler to act.

Jonathan Ive, who recently left Apple, named Naoto Fukasawa as one of his favorite designers.

In addition, Naoto Fukasawa cited this wall-mounted CD player as an impressive product.

It can be seen that it is a complete product and an innovative product.

Apple created a revolutionary product by making AIrPods cordless.

MUJI does the opposite. I personally like the two companies, but I am surprised at the contrasting approach.


道具KODAMA YOSHIYUKI