blog

机がある意味

 
CA306C4C-92EC-4487-8657-8113F5DA3D65.jpeg

寝室に机を設けた。

仕事机というものに必要性を感じず、寝室には無かったのだ。

それが、仕事机があるというのは、いいものだなと設けてからひしひしと感じている。

寝る前に少し読書をしたり、ブログの元を綴ったりする。

デスクライトだけ灯した、夜の少し薄暗い感じで作業をするのが何気にいい。

机というのは、創造の源なのだろうか。

よくよく考えると、小学生になって勉強机を買ってもらった。

学びの場。しかも自発的に学ぶ場所。大人になってからその大事さに気がつくとは。

机というものにこだわりがある。奥行は60cm、幅は100cm以上がいい。

ノートを複数広げることもあるし、裁断機などを使う際にはそれくらい必要だ。

天板は木で、無垢材がいい。ソープフィニッシュかオイルフィニッシュでもいい。

使い込んでいくうちにオイルで手入れをしたりを繰り返して、いい塩梅になっていくのが想像できる。机があることは、いいことばかり。


A desk was set up in the bedroom.

I didn't feel the need for a work desk and it wasn't in my bedroom.

I feel that it is a good thing to have a work desk.

Read a little before going to bed and spell the blog.

It's nice to work in a slightly dim feeling at night with only the desk light on.

Is the desk the source of creation?

When I thought carefully, I became an elementary school student and bought a study desk.

A place for learning. And a place to learn spontaneously. How do you realize the importance of becoming an adult?

I'm particular about the desk. The depth should be 60cm and the width should be more than 100cm.

Sometimes you spread multiple notebooks, and that's necessary when using a cutting machine.

The top plate is wood and solid wood is good. Soap finish or oil finish is acceptable.

You can imagine that it will become a good salted plum by taking care of it with oil over time. Having a desk is all good.


 
日常KODAMA YOSHIYUKI