blog

クリアデスク


2019.10.05+%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF.jpg
 

会社員をしていたとき、よくクリアデスクと言われた。

クリアデスクというのは、机の上を綺麗にし整理整頓しながら業務を行うことで効率も上がるよということだったと思う。私は会社員を辞めてからも、クリアデスクを心掛けている。

必要なものだけ机の上に置き、用事が済んだら元の場所に収納する。

夜、寝る前には机の上には何も無い状態にしておく。

先日の投稿にも書いたかもしれないが、机というのは、想像の源のようなところがある。

人間で言うと「脳」にあたるかもしれない。

そういう場所が散らかっていると、なんだか無性にカユクなるというか、落ち着かない。

理想的な話をすると、机はL字型がいい。

私の勤めていた会社の部長席や取締役席などは、L字型になっていた。

書類をさばきながら、業務をするのに都合がいい形なのだと思う。

椅子の横に引き出しが付いていれば、尚いいだろうなと思う。



When I was a company employee, I was often told to be a clear desk.

I think that the clear desk means that the efficiency is improved by doing the work while keeping the desk clean and tidy. Even after I quit my office worker, I have been trying to clear desk.

Place only what you need on the desk and store it in the original place when you are done.

Before going to bed at night, leave nothing on the desk.

As I may have written in the other day's post, the desk is a source of imagination.

In human terms, it may be the “brain”.

If such a place is messy, it will be awkward to somehow, or it will not calm down.

Ideally speaking, the desk should be L-shaped.

The company manager's seats and director seats that I worked for were L-shaped.

I think it's a convenient way to do business while handling documents.

I think it would be better if there was a drawer next to the chair.

 
日常KODAMA YOSHIYUKI