blog

野菜だより 高山なおみ著

 

我が家では夜にしか肉、魚を食べません。

菜食主義などではなく、ただ単に朝食や昼食のために生ものを常備していないのです。

(そこには節約という意味合いももちろんあります。)

こういったことから、冷蔵庫の中の食材で調理することが、朝食・昼食作りの基本になっています。

冷蔵庫の中の食材は、基本的に野菜やきのこ類。

毎日、野菜やきのこ類で料理をしているとどうしてもパターンが決まるのです。

そういった時に、料理家の教えというのが必要なんです。


最近買った高山なおみさんの著書「野菜だより」もそんなことを求めて買いました。

タイトル通り野菜をメインのレシピが多いです。肉や魚を使ったレシピもバランスよくあります。

印象的だったのは、同じ野菜でも季節が進むにつれて味や食感も変わるということが記されています。

それがまさに野菜からの”たより”だということ。

また、高山さんの著書の多くはビニールカバーがされていて、料理中でも汚れない工夫がされています。

高山さんの料理は、気取らない。

滋味深い少しの美しさを、最大の美しさに昇華させることができる。

料理の奥深さだと思います。


I only eat meat and fish at night in my home.

It's not vegetarianism, it just doesn't have raw food for breakfast or lunch.

(Of course, there is also the meaning of saving.)

For this reason, cooking with ingredients in the refrigerator is the basis for breakfast and lunch.

The ingredients in the refrigerator are basically vegetables and mushrooms.

If you cook with vegetables and mushrooms every day, the pattern is always determined.

At such times, the teaching of the cook is necessary.

I recently bought Naomi Takayama's book “News from Vegetables” in search of that.

As the title says, there are many main recipes for vegetables. Recipes using meat and fish are also well balanced.

What impressed me is that even the same vegetables change in taste and texture as the season progresses.

That is exactly “news” from vegetables.

In addition, many of Takayama's books have vinyl covers, and are designed to keep them dirty even during cooking.

Mr. Takayama's cuisine is unpretentious.

A subtle beauty can be sublimated to the maximum beauty.

I think it ’s the depth of cooking.

 
情報KODAMA YOSHIYUKI