blog

コクヨ エンボスノート

 

このノートは、丁箋でご紹介した原宿にあるTHINK OF THINGSで出会った一品。

あの学校とかでよく使っていたコクヨのキャンパスノートなのですが、印刷や罫線が全てエンボスで表現されています。

This note is a dish I met at THINK OF THINGS in Harajuku that I introduced with a memo.

Although it is a campus note that was often used in that school, all the prints and ruled lines are expressed in emboss.

 
 

コクヨにはコクヨデザインアワードというコンペがあり、2015年の優秀賞に輝いたのがこのエンボスノートです。

このコンペは、「使う人の視点で優れた商品デザインを広くユーザーから集めて、商品化をめざす」もの。

このエンボスノートもそういった視点で製品化されたものと思います。

あまりに美しいノートなので、使うことを躊躇うのですが、使ってみるとその良さをまた知ることができます。

(鉛筆などの)かすれや汚れがエンボスを浮き立たせてくれる。使ううちに味わいが増してくる。

紙質も通常のキャンパスノートより厚く、丈夫なものを使っており、若干クリーム色。

紙質や紙の色、エンボスの具合、どの選択を間違えてもいけない。

究極のバランスで成り立っているように思います。

このノートはコクヨのストアで購入できます。

こういった製品は売れないと生産終了になるケースが多いので、買って応援したいです。


KOKUYO has a competition called the KOKUYO Design Award, and this embossed note won the 2015 Excellence Award.

This competition is "to aim for commercialization by gathering a wide variety of product designs from users' viewpoints from users."

I think that this embossed note was also commercialized from that perspective.

It's a beautiful notebook, so I ask you to use it, but if you use it, you can know its goodness again.

Faintness and dirt (such as a pencil) make the emboss stand out. The taste will increase as you use it.

The paper quality is thicker than normal campus notes, and it uses a strong one and is slightly creamy.

Don't make any mistakes about the quality of the paper, the color of the paper, how it is embossed.

I think it is based on the ultimate balance.

This note can be purchased at the KOKUYO store.

These products often end production if they don't sell, so I want to buy them and support them.



 
道具KODAMA YOSHIYUKI