blog

レキシントンの幽霊 村上春樹著

村上春樹のファンというわけではありませんが、好きで読みます。

学生くらいのときは、長編小説ばかり読んでいました。

その時は旅が好きだったこともあって、お金もなかったから、旅した気分を味わう感覚で読んでいたんです。

海辺のカフカが好きでしたね。

香川を中心に描いていたと思うんですが、そのタッチというか四国っぽい雰囲気がマッチしていて。

実際にあんな図書館があって、そこにいる人も実際にいそうだったり、本当に旅をするような感覚で読める。

まず長編小説のことを書きましたが、最近まで短編小説にはほぼ手を付けていませんでした。

このレキシントン の幽霊は、短編が七篇綴られているのですが、

タイトルにある最初のレキシントン の幽霊が良かった。

本当に短いので、1日くらいで読めるのですが、

レコードの描写だったり、室内の描写、古いBMWや古いMacが出てきたり、

村上春樹っぽい世界観が手軽に(言い方悪いですけれども)味わえます。

特段エッチな描写もありませんし、村上春樹をこれから読みたいって人には、おすすめしたい一冊です。

I'm not a fan of Haruki Murakami, but I like to read it.

When I was a student, I read only feature novels.

At that time, I liked traveling, and I didn't have money, so I read it as if I felt like traveling.

I liked the seaside Kafka.

I think that I was drawing around Kagawa, but the touch or Shikoku-like atmosphere matched.

There is actually such a library, and people who are there are likely to actually be able to read it as if they were actually traveling.

First, I wrote about a long novel, but until recently I didn't work on short stories.

This Lexington ghost has seven short stories,

The first Lexington ghost in the title was good.

It ’s really short, so you can read it in about a day.

It is a depiction of a record, an interior depiction, an old BMW or an old Mac,

You can enjoy the world view of Haruki Murakami easily (although it is bad to say).

There is no particular description, and this book is recommended for those who want to read Haruki Murakami from now on.

情報, KODAMA YOSHIYUKI