blog

HARUKI MURAKAMI 9 STORIES どこであれそれが見つかりそうな場所で (HARUKI MURAKAMI9STORIES 6)

 

漫画(パンドシネ)で読む村上春樹があることを知らなかった。前回、村上春樹の本を紹介したときに、そんなにファンじゃないといったけれど、そういうことを言うのがハルキストなのかもしれないとも思う。


この漫画は、村上春樹の入門にぴったりである。

なぜならしっかりと著者らしい世界観は持ちつつ、短編よりも短い。難解と言われるストーリー性も持ち合わせている。

装丁もハードカバーでイラストや表紙の色彩も具合良い。

イラストはフランス人が担当している。そんなところも新しい試みで面白い。

既に6つの物語は発刊されていて、次は今年の冬に出るらしい。

1つ1つ集めるのも楽し、何度もじっくりと物語を楽しむもよし。大人びた漫画のひとつではないだろうか。


Did not know that there is Haruki Murakami to read in the comic (Pandcine). The last time I introduced Haruki Murakami's book, I wasn't a fan so much, but I think that might be a Chalquist.

This comic is perfect for an introduction to Haruki Murakami.

Because it has a firm view of the world, it is shorter than a short story. It also has a story that is said to be difficult.

The binding is also a hard cover, and the illustrations and cover color are also good.

The French are in charge of the illustrations. Such a place is also interesting with a new attempt.

Six stories have already been published, and the next will appear this winter.

It is also fun to collect one by one and enjoy the story over and over again. Isn't it one of the adult comics?


 
情報KODAMA YOSHIYUKI