blog

リマインダーの活用

日々のタスク管理にiOSのリマインダーを活用している。

仕事やプライベート、日課、その他などに分けて、日時になると通知センターに表示される。

TODOリストやカレンダーにまとめておく方法もあるし、やり方は様々思い浮かぶ。

なぜリマインダーがいいんだろうか。

リマインダーのいいところは、作業終了まで通知センターに残るところである。

カレンダーなどのアプリは、大抵の場合、締め切りを設定するのでそれを過ぎると通知センターから外されてしまう。

リマインダーは、やっていない作業があれば、翌日にも時系列で表示されたままになっているので便利だ。

また、秋に正式にリリースされるiOSやiPadOS、MacOSはリマインダー機能が大幅に強化される。

各デバイス間で連携されるし、使い心地もいい。(私はBetaで既に試している。)

カレンダーは大まかな予定をスケジュールしておいて、

デイリーなどの定例作業はリマインダーで管理するのがおすすめ。

IOS reminders are used for daily task management.

It will be displayed in the notification center when the date and time is divided into work, private, daily work, etc.

There are ways to organize them in a to-do list and calendar, and there are many ways to do that.

Why is a reminder good?

The good thing about reminders is that they remain in the notification center until the end of work.

Calendars and other apps usually have a deadline that will be removed from the notification center.

Reminders are useful because if there are work that you haven't done, they will remain displayed in chronological order the next day.

Also, iOS, iPadOS, and MacOS officially released in the fall will greatly enhance the reminder function.

Each device is linked and comfortable to use. (I have already tried with Beta.)

The calendar schedules a rough schedule,

It is recommended to manage regular tasks such as daily by reminders.

日常KODAMA YOSHIYUKI