blog

無印良品 茶缶

28081908-D3F0-407D-B951-D6A5657FDCDD_1_201_a.jpeg

茶缶というと伝統工芸品を思い浮かべる。

それ故に高価で、気軽に使えるものではないことは確かだ。

そういう固定概念を崩してくれるのが無印良品だったりする。

今年オープンした無印良品 銀座店は、多くの品揃えと圧倒的な規模感を誇り、

生活に対するアイデアだったり、豊富な情報を得られるギャラリーなど、

無印良品のアイテムを買うことだけに留まらない、インスピレーションの源泉となっている。

そんな銀座店で見つけたのが、この茶缶である。

サイズは一つしかなかったが、300円という価格は驚くほどである。

この価格であれば、キッチンの収納として活用できる。

日常の道具は、見た目、機能、価格のバランスによって良し悪しが決まると思う。

そういう点において、無印良品の茶缶は既存のバランスを良い意味で崩したアイテムと言える。

I think of tea cans as a traditional craft.

Therefore, it is certainly expensive and not easy to use.

It is MUJI that breaks such a fixed concept.

The MUJI Ginza store opened this year boasts a large selection of products and an overwhelming scale.

Ideas for life, a gallery where you can get a wealth of information,

It is a source of inspiration that goes beyond buying MUJI items.

I found this tea can at the Ginza store.

There was only one size, but the price of 300 yen is amazing.

This price can be used for kitchen storage.

I think everyday tools are good or bad depending on the balance of appearance, function, and price.

In that respect, MUJI tea cans can be said to have broken the existing balance in a good way.

道具KODAMA YOSHIYUKI