blog

柳宗理 片手鍋

37D2D5F1-7BC0-45C1-933E-DF956815548D_1_201_a.jpeg
 

長年、柳宗理の片手鍋を使っています。(フライパンなど他の道具についても愛用していて、それはまた後日ご紹介します。)

柳宗理については、Wikipediaを参照していただくといいと思います。

言わずと知れた、日本を代表するデザイナーです。

優れた道具の決め手というのは、ついつい手にとってしまう人間の"本能”や”直感”で定義されると感じます。

この片手鍋についても、ついつい手にとってしまう我が家では一番使用頻度の高い片手鍋です。

“ついつい”という抽象的な人間の"本能”や”直感”をデザインすることに成功しているのが、

この片手鍋であり、柳宗理なのだと思います。

注ぎやすい独自の形状、手に馴染む形の持ち手、日本の家庭料理に馴染む大きさ、重さ。

そういった様々な要素の最高の形を結集することで、”ついつい”をデザインしているのではないかと感じます。

先月発刊されたユニクロのフリーマガジンでは、ユニクロのデザイナーが柳宗理のショップに訪問しています。

ユニクロのデザイナーと柳宗理の御子息の対談もありますので、そちらもぜひ。

For many years, Sori Yanagi's one-handed pan has been used. (I also use other tools such as frying pans, which will be introduced later.)

For more information about Sori Yanagi, please refer to Wikipedia.

Needless to say, this is a representative designer in Japan.

I think that the decisive factor of an excellent tool is defined by the human “instincts” and “intuitions” that are left behind.

This one-handed pan is also the most frequently used one-handed pan in my home.

The success of designing the “instinct” and “intuition” of abstract human beings

I think this is a one-handed pan and is Sori Yanagi.

Unique shape that is easy to pour, handle that fits in hand, size and weight that fits in Japanese home cooking.

I feel that we are designing “tick” by bringing together the best forms of these various elements.

In the UNIQLO free magazine published last month, UNIQLO designers visit Sori Yanagi's shop.

There will also be a dialogue between UNIQLO designer Sori Yanagi and the son of Sonori Yanagi.

 
道具KODAMA YOSHIYUKI