blog

石を見る

79909C38-A0A8-4B97-BC4F-67E74BCF02E2.jpeg
 

石は卵と同じく自然界で最も美しいものの一つだ。

道端を歩いていて美しい石と出会うと嬉しくなる。

ごつごつと尖っている石がどれくらいの時間をかけて、滑らかな質感の石になっていくのか想像するだけで良い感じだ。

去年の秋ごろだろうか。ゴミ置き場の重石に目がいった。

その石は、ゴツゴツからツルツルへと変わる過程のようだった。

人間は完成されていない美しさに惹かれると言われるが、まさにそれだった。

完成された石以上に、時間の奥行きを感じた。過去、現在、未来。

ただのゴミ置き場の重石なのだが、これから何百年と雨や風に晒されながら美しい石となっていくのだ。

道を歩いていると面白い。

Stone, like eggs, is one of the most beautiful in nature.

I am happy when I walk along the roadside and meet beautiful stones.

Just imagine how much time it takes for the stones that are sharp and pointed to become smooth stones.

Is it around autumn last year? I noticed a heavy stone in the trash storage area.

The stone was like a process that changed from lumpy to slippery.

It is said that human beings are attracted by unfinished beauty.

I felt the depth of time more than the finished stone. Past, present and future.

It's just a heavy garbage dump, but it will become a beautiful stone while exposed to rain and wind for hundreds of years.

It is interesting to walk on the road.

 
日常KODAMA YOSHIYUKI